『今日の一言♪』 6月9日(金)朝礼担当:院長

6月6日、日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター(茨城県大洗町)」で作業員被ばく事故が起きました。

この事故は、使用済み燃料を入れる貯蔵容器に空きがないか調べようとして起きたものでした。

廃棄する場所がないままの使用済み燃料を、貯蔵容器に長期間保存していたことにより、ヘリウムガスがたまり、容器内の圧力が高まって破裂したのではないかと言われています。また、20年超の保管についても長過ぎると指摘されています。

事故の背景には、原子力研究で使われた放射性物質を最終的にどのように処分するか決まっていないこと、それによるなし崩し的な長期保管がされていることが問題視されています。適切な最終的処分方法が決まっていないまま、保管することは一時的な対処にすぎず、新たな問題点を発生させてしまいます。

このことから、原発について私は個人的に反対です。

 

このように問題を先送りにしてはいけないということは、お口でも言えることです。

今現在痛みのあるところや気になるところだけの治療は、一時的な解決にはなりますが、原因を根本から解決できたとは言えません。

土屋デンタルクリニック大分オフィスでは、将来を通じて健康な口腔環境を維持して頂けるよう科学的根拠に基づいた治療を実践し、虫歯や歯周病予防に努め、治療後に再発させないことなど患者様の真の利益を第一に考えています。

お口のことをしっかりと把握した上で患者様一人一人に合った最善の治療法や予防法をご提案しています。

お口のことでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ページTOPへ