『今日の一言♪』 6月2日(金)朝礼担当:清掃(佐藤)

先月NHKのニュースでも取り上げられていましたが、「トイレットペーパーを三角折りにしないでください」と書かれた貼り紙が病院のトイレに提示されているとツイッター上でつぶやかれていたことに対し、大きな反響がありました。

2017年5月28日、ツイッターに投稿された病院内での貼り紙の写真には「患者さんへお願い トイレットペーパーを三角折にしないでください。用を足した後の手を洗う前にトイレットペーパーを折ると、便中や尿中(感染している場合)の細菌などの微生物が付着し、細菌感染する可能性が高くなることがあります。」と書かれていました。

このツイートに2万3,000以上のリツイートがされるなど大きな注目を集めました。

これについて、「当然のこと」「三角折はマナーでは?」「だらんと垂れている方が気持ち悪い」など色々な意見が寄せられました。

中でも一番多かったのは「清掃員が清掃完了の印にすること、使用した人がするべきでない」という意見でした。

私たち土屋デンタルクリニック大分オフィスでは、清掃完了の印として三角折にしています。その際は、手指をきちんと消毒し、清潔にした上で行なっていますのでご安心ください。

ご使用後は切りっぱなしのままで構いませんので、患者様のご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

ページTOPへ