セレック(口腔内)導入しました!

先日、ドイツの医療機器であるセレック(口腔内スキャナ)を導入しました。

セレック(口腔内スキャナ)とは、歯牙などの情報を口腔内で直接スキャンし、

3Dデータ化した情報をもとに、コンピューター上で修復物を設計する機器です。

 

つまり、従来の歯の形どりをしなくてもよくなるのです。(症例によっては形どりを行う場合もあります)

 

口腔内をスキャンした後は、院内歯科技工士がコンピューター上で修復物を設計し、

削り出されたセラミックスを責任をもって仕上げます。

 

セレックの導入によって患者さまの治療のストレスが軽減されることが期待できます。

ご興味のある方はスタッフに気軽にお聞きください。

ページTOPへ