なぜ歯が黄色くなるの?

 

そもそも歯の変色はなぜ起こるのでしょうか。
変色には実はいくつかの種類があります。
 
【内因性(歯の内側から起こる)】
・抗生物質による変色
・神経の壊死
 
【外因性(着色など歯の表面で起こる)】
・タバコやコーヒーなどの着色
・虫歯による変色
 
【加齢による歯質の変化】
 

歯の一番表面は「エナメル質」、その下は「象牙質」でできています。生え立ての歯の象牙質は、淡いクリーム色をしていますが、加齢により徐々に黄ばんできます。更にエナメル質も毎日のブラッシングや 食事などで徐々に薄くなるので、歯の色が黄色く見えるようになってきます。

これが、加齢による歯の変色のメカニズムです。

加齢による変色は、歯みがきやクリーニングをしても改善することは難しく、また残念ながら薄くなったエナメル質が元に戻ることはありません適切な歯磨きやフロスの利用、食事の捕り方を気をつけるだけでも、進行を緩やかにすることは 可能ですので、日々の口内ケアはやはり大切ですまた歯科医でのホワイトニング、口内チェックやご自身でできるホワイトニングキットを利用するのもおすすめです。

ページTOPへ