妊婦さんの歯科治療について☆彡

今回は、妊婦さんの歯科治療についてです。

 

●歯科治療の行える時期

 

妊娠前に口腔内環境を整えておくことが理想ではありますが、妊娠中に悪化しても歯科治療は行えます。

 

・妊娠初期(妊娠0~15週)…流産の危険性や胎児の重要な器官が形成される次期でもあるので、可能であれば応急処置で対応します。

 

・妊娠中期(妊娠16~27週)…胎盤が完成して胎児も安定した時期でもあり、一般的な歯科治療を行なうことができます。

炎症の再燃あるいは急性炎症に移行しやすい歯周炎の歯や埋伏智歯などは、産科主治医の許可を得たうえで抜歯も可能です。


・妊娠後期(妊娠28週~39週)…胎児の急激な成長で子宮が増大し、周辺臓器への圧迫が著名になるため、仰臥位低血圧症候群にならないような診療姿勢や時間などを配慮しています。

 


●歯科治療での胎児への影響

 

<歯科麻酔>

 

一般的な歯科治療の際に必要とする局所麻酔薬においては妊娠全週においてほぼ問題なく使用可能です。
むしろ、疼痛を我慢するストレスのほうがはるかに母体・胎児にとって悪影響を及ぼします。
当院では無痛分娩にも用いられ、安全に使用可能で歯科領域でも多く使用される2%塩酸リドカインを使用しています。
しかし、3%塩酸プロピトカインの血管収縮薬であるフェリプレシンには軽度の子宮収縮作用と分娩促進作用があるため、妊娠後期には使用を避けたほうが良いとされていますので、妊娠後期の方への使用は避けております。

 

<薬物投与>

 

妊婦さんに対する抗菌薬の投与で問題になるのが、薬剤による催奇形性や胎児毒性などの胎児への障害です。
抗菌薬では安全性の高いペニシリン系やセフェム系が第一選択となり、これらにアレルギーがある場合にはマクロライド系が第二選択となります。
しかし、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合に、必要最小限の投与にします。
鎮痛薬の投与については、非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)はヒトでは催奇形性は報告されていないが、妊娠後期では胎児動脈管収縮など多彩な影響を起こすことがあります。鎮痛薬が必要な場合には解熱鎮痛薬アセトアミノフェンを選択し、疼痛時のみ最低限の使用とします。

 

<放射線被曝>

 

歯科用のX線撮影では管球の向きが口腔内に向き、撮影部位と子宮の距離が離れており、さらに腹部は防護エプロンを着用するので、胎児への放射線の影響は無視できるレベルと考えられています。
被曝放射線量としては…歯科用デンタル撮影1枚→0.01mSv
                                パノラマX線撮影1枚→0.03mSv
                                日本で1年間に浴びる自然放射線量→1.5mSv
それぞれを換算するとデンタル撮影は約150枚、パノラマX線撮影では約50枚に相当することから照射部位の線量が少ない検査です。

 

●口腔管理

 

妊娠中には、出産に向けて身体的な変化がみられるようになりますが、ホルモンバランスの変化は身体だけでなく精神面や口腔内にも影響を与えます。
つわりなどの影響により口腔ケアが困難になる傾向がみられることがあります。
つわりに伴い嘔吐などの症状が見られる場合は、下を向いて前かがみになり口腔内に唾液を溜めないようにし、小さめの歯ブラシで小刻みに動かし、嘔吐感を避けるようなブラッシングをしましょう。
歯ブラシを口腔内に挿入することも困難な場合は、食後すぐに強めのブクブクうがいをして口腔内に食渣などを停滞しないようにしましょう。

 

虫歯菌の母子感染について心配されるお母さんが多くいらっしゃいます。
まずは赤ちゃんのそばにいるご家族の皆さんが、口の中を清潔に保ち、虫歯菌を減らすことが重要です。
唾液検査で虫歯菌の有無を調べることをおすすめします。
安心・安全な出産を迎えるために、出産前に口腔環境を整えましょう。

〒870-0839
大分県大分市金池南1丁目11番30号
大分駅より徒歩5分
大きな地図で見る

〒870-0839 大分県大分市金池南1丁目11番30号
大分駅より徒歩5分
大きな地図で見る

Copyright © Tsuchiya Dental Clinic・Oita Office All Rights Reserved.

ページTOPへ